マイホームを購入したことで毎月のやりくりがギリギリ

今年念願のマイホームを購入したのですが、かなりいっぱいいっぱいでローンを組んだので、毎月どう節約するかで頭がいっぱいなのが悩みです。

本当はお金の心配をしないような生活に憧れるのですが(誰でもそうでしょうが)、毎月住宅ローンが大きいためやりくりが大変で、気が付けばいつもお金のことを考えている状態です。

本当はマイホームの予算をもっと削れば毎月の住宅ローンの返済金額は抑えられたのでしょうが、かといって納得のいかない家を購入して後悔するのも嫌だし、それに安っぽい家を作るより資産価値がある家のほうが、最悪支払えなくなっても売ったり賃貸に出してもある程度の収入が見込める(とはいえこれは本当に最終手段だと思ってはいますが)だろうと考え、予算はオーバーしましたが内装や洗面・バス・トイレなどなど全てにおいて大満足な家が出来たのでその点は良かったと思っています。

他にも、家に必要な家具なども購入しなければなりません。
カーテンやじゅうたん、エアコンなどの電気機器など、家だけのお金ではなく、その他の出費もけっこうかかってしまって。
家具なんかは、相当気に入るまで探しましたし、お店に行ったりネットで探してみたりしてとても楽しい時間でした。
家具に興味がある方はコチラ⇒家具安い
でも、気に入るものにすると出費が増え、なかなか家具選びも大変でした。

また、主人の職場では以前は賃貸であれば多少家賃手当が出たのですが、マイホームを購入したことによりその手当が全く無くなってしまったので、もちろんそれは事前にわかってはいたことですが実際になくなってしまうと大きいなぁ…と思っています。

ちなみに現在私は専業主婦なのですが、できればパートしたほうがいいのでしょうが、現時点では主人が家にいてほしいと希望しているのでパートはしていません。
まだ子供が小学生で、お留守番などさせるのも不安なので。
それに、子供が小さいうちは母親は家にいるべきだという考えなので。

しかし、現在小学生であまりお金がかからない子供たちが、中高生になってお金がかかるようになってきたら、パートに出て!と逆に頼まれるかもしれません(笑)。
その時はもちろん働くつもりです。

当面の解決方法としては、とにかく私が内職で少しでも稼ぐことと、無駄な支出は徹底的に省くということかなと思っています。

本当は主人の小遣いを減らしたいのですが、そうすると主人のやる気をそいでしまうのでこれは必要経費として減らす予定はありません。

お金を借りることも・・・

子供が欲しがるオモチャが高い上に、種類も沢山あります。
そんなときにお金が欲しいと強く思います。

主人のお給料はそれほど多いわけでもなく、支出が我が家は多いので貯金もできていません。

なので急な出費があるときはよくローンを組んで支払いをしたりしています。
何でも買い与えるのはよくないとは思いつつも自分の子供の頃に、まわりの家のようにオモチャなんかは一切買ってもらえなくて悲しかったので同じ思いはさせたくないととても思います。
現実に余裕はなく、買ってあげられませんが誕生日などのイベントも安いプレゼントで本人も色んなところで我慢しているのが分かるので自分の子供に気を使わせたりさせると可哀想だし、情けなくなります。
自分にしたって、良さそうな高級の化粧品や素敵な洋服、靴やカバンなどをみたり、知ったときにお金が欲しいと強く思います。
安い物で我慢しているので、こんなものをいつも身につけられるようになりたいと思い、お金が欲しいと感じています。
まわりの人が綺麗に着飾っていたり、知人からいつも同じ服だと言われたときも惨めでお金があったらと思います。
病院にだってちゃんとかかりたいとは思いますが、お金がかかるからと痛みを我慢するしかないことも辛いです。
主人は高級な食べ物をいつも食べたがっては、収入が低くて、食べられないことを嘆いています。
アパートに住んでいるので下や隣の部屋に気兼ねなくいられる、
家に住みたいとも思いますし、車も必要です。
そして、車の税金や車検のたびにお金が欲しいと思います。
結婚式や出産など、友人や身内のおめでたいときにも出費がきついです。
でも、本当は高くて欲しがっている良い商品などをどんとプレゼントして驚かせたいものです。
そんなときにも感じるお金のこと。
自分が働いているときも、すごく嫌なお客さんがいたり、意味不明なクレームをつけられてからまれたりしてもお金があったら、こんな仕事しないですむのにと思ってしまうこともあります。
友達が保険で働いていて、契約してあげられたらと思いますが、
そんなときもお金がないと話にもなりません。
保険ならあとのことを考えたり、家族に迷惑をかけないためにも
すごく入りたいのですが高くて難しいです。
自分で販売の仕事をして働いている頃も、ノルマはあっても自分で買うほどのお金もなく収入が欲しいと思っていたつらさを知っているので。

 

女性の毛の処理について

私は40歳の男です。私自身はそんなに毛深くはない方ですが、女性で毛深いひとっていますよね?まあ、毛深いのはその人の遺伝子というか、そういうものなので仕方がないとは思うんですが。その処理については私なりの考えがあります。

私が最も良く思わないのは、腕の毛です。女性だって人間ですから毛は生えてくると思うんです。それは本当に仕方がないと思うんですが、腕の毛は処理してほしいと思っています。なんでしょう?どうも見た目良くないと思うんです。女性の方は腕の毛は処理しないんですかね?

結構腕の毛が長い人とかいますよね?僕は気にしているからなのか良く目につきます。夏場とかだと特に半袖を着る機会が多いので本当に目立つと思うんです。

ですから、せめて腕の毛だけは処理していただけると個人的には嬉しいです。腕の毛が生えているだけで、いくら可愛くてもなんか嫌なんです。

最近だと、脱毛サロンなどのレーザー脱毛も低価格でできるみたいだし。(http://xn--wckwfybb4119cwelu3hpq8b.com/

私の腕の毛が薄いからかもしれませんが、自分より毛の濃い人はちょっと生理的に嫌なんですよね。
後はわき毛ですか、わき毛は結構処理している人がいると思うんですが、男にはわからない部分だと思っています。

これも夏になって半袖のTシャツとかからちらっと見える分にはちょっと、嫌だなっていう気分にはなると思いますが、腕の毛ほどは目立たないと思います。

後、足の毛なども目立ちますかね?そんなに足を出す機会のない人が短いズボンなど履くと目立つかもしれませんね?要は見える部分だけでも気を使って処理してほしいという事です。見えないところはいいです。女性を裸にする機会なんてないんですから、せめて、服から出るところはきちんと処理してほしいと思います。

まあ、勝手な言い分ですけど、男の人で気にする人は結構多いと思います。女性の方は大変でしょうが、頑張ってほしいですね。

在宅ワーカー主婦の1日の出来事

私の昨日の一日の出来事は、まず朝起きて主人のお弁当を作って子供と主人の朝ご飯を用意してから送り出して、その後は溜まりに溜まったデジカメの写真をネットで印刷が注文できるカメラのキタムラに注文をしたりしていました。わざわざ出向いて行く手間も省けますし、そこまで時間も拘束されないので私はネットで注文するようにしています。

参考に・・・カメラのキタムラネットプリント※お得なネット注文はこちら

そして12時ぐらいに起きて、家じゅうの掃除機かけ、洗濯をしてパソコンを立ち上げました。

パソコンを立ち上げてまずする事は、メールのチェックとその日の投資信託の基準価格のチェックです。

これらの処理が終わると、その後はひたすら在宅ワークのサイトでお仕事をしています。

これがだいたいいつもの生活パターンなのですが、昨日に限って小6になる娘の友達が3人家に押しかけて来ました。

遊びに来たのではなく押しかけて来たというのは、昨日来たメンバーというのはうちにこの2年間の間に50~100回程来て入り浸っているのに、自分の家には一切うちの子を入れずに、さらに手ぶらで来てはうちでおやつやジュースばかり食べて休憩所代わりにしているのです。

こういった子供はごく一部で同じクラスには3,4人しかいないのですが、それでも一旦家に入れてしまうとその後は当たり前のようにうちの家をたまり場にしています。

この子達以外の子だったら歓迎なのですが、昨日はこのブラックメンバーが家の中に入り込んだおかげで、私は相当なショックで夕食もその子達の事で家族3人で討論になって、その後も深夜までみんな眠れなくて大変な1日を過ごしました。

いつもは家族3人とても仲が良くて何も問題なく日々幸せに過ごしているのですが、すさんでいる家庭の子がうちに出入りしただけでもその悪影響を受けるから大変です。

今世間では自分の家にさえ居場所がない子供達が増えていて、それは親のネグレクトや家庭内暴力、夫婦の不和といった事が原因らしいのですが、幸せで豊かに生活しているうちはそういったトラブルの匂いがする人達は、たとえ子供でも家に居れていくとその悪い気が入ってくるので困るのです。

子供にもその事は毎回熱心に教えています。

昨日もくどいぐらいに2時間ぐらいかけてその事を説明していました。

人に利用されるようになってしまうとその弱みが一生ついて回ってそのせいで貧乏になったり、不幸になるから自分や自分の家を利用する人とは深く付き合うと危険だと説得していたのです。

こういった外部からのトラブルがなければ毎日が幸せいっぱいなのですが、子供がまだ小さいうちはそういったトラブル要因も家庭に持ち込んでしまって大変だなと思いました。

 

締まりのない体型と太い足

お金を掛ければどうにかコンプレックスも解消されることもあるのですが、お金を掛けても治せないことというか多額をつぎ込まないとどうにもならないコンプレックスって一体どうしたらいいんでしょうか・・・

毛深いのも嫌だったのですがそれは脱毛に通って今はほとんど自己処理をしなくてよくなっています。※レーザー脱毛京都

だからと言って私のコンプレックスがなくなったわけではありません”(-””-)”

脚が太くて、ちびでぽっちゃり。
なのに肩幅が広く、手足が短い。
肩幅が広いのは顔が小さく見えて、悪くは無いのですが、これでもっと腕が長ければいいのにと思います。

小さい頃から、なんとなく締まりのないぽっちゃり体型。
脂肪の多い料理を雑に作る母の影響もあると思いますが、私ほど母は太っていません。
ちょっと食べただけで、下腹ぽっこり。
すごいデブまでいかないけれど、お世辞にも痩せているとは言えません。

少し食事を減らしたり、抜いたりのダイエットをすると、まっさきに顔に現れます。
頬がこけて、顔だけダイエットしたぞ!という風になる。
体はなかなか痩せないのに。

一番ひどいのが脚。
全体が太く、短く、膝が大きいうえにお肉がたっぷりついています。
若い頃は結構気にして、毎日のように足首からひざに向かって脚をマッサージしたり、メディキュットの引き締め靴下を寝る時に履いたりして。
いくらか効果はあったのかもしれませんが、見た目にそれほど変わらず、やらなくなってしまいました。

脚の骨がもともと太くて短いんだ。どんなにお肉が取れてなくなっても、私の脚は
そういう構造なんだ。
と、投げやりになり、面倒くさくなって、脚の為に何もしなくなってしまいました。

細くて長い脚の人がうらやましい。
顔がぶすでも、スタイルが良いほうが絶対にいい。

スタイルの悪さは、なかなか矯正がききません。
顔なら、いくらかいじってもいいかもしれない。でも、脚や腕の構造を直すのは難しい。

ヒールの高い靴を履くと、幾分かスタイルを良く見せてくれます。
でも、子供を産んでからというもの、ヒールを一切履かなくなりました。
というか、もう履けません。転びそうで。

決して女を捨てたわけではありません。
自分を素敵に見せるよりも、機能性重視のスタイリングに力を入れているだけ。

スキニ―パンツで脚を隠し、周りの人にはこの太い脚をお見せすることはありません。迷惑かけていないから、別にいいでしょ。

 

消費者金融イメージ

先日お金が急に必要になり、消費者金融でキャッシングしました。

借りた額は僅かだったんですが、お金を借りるのって何かイメージ的に良くないですよね。この時も、家の近所にある無人契約機で借りたんですが、入る時は妙に周りをキョロキョロ見渡して、サッと素早く入るようにしています。

もちろん出る時も一緒ですね。別に悪い事をしている訳ではないんですけど、なんか気を使ってしまうんですよね。しかもこういった無人契約機って何故か目立つ場所ばっかりにあるんですよね。基本大通り沿いにありますもんね。理由があってそうしてるんでしょうが、こっちからしたら入りづらくて仕方がありません。

でも普通に考えてみたら、家を建てる時や、車を買う時、ちょっと高価なブランド品や時計を買う時などローンで買っている事って多いですよね。それってキャッシングでお金を借りる事も一緒の事だと思うんですけどね。

確かにローンを組んだ時は手元に現金は無く、感じ的には違うのかもしれませんが、お金を借りている事に違いはないですからね。ローンも組むのも、キャッシングでお金を借りるのも一緒の事なんですけどね。

先日も子供の学費等が必要になり教育ローンの申込みをしたんですが、教育ローンって言ったら全然悪いイメージがないですよね。

それなのに消費者金融などでお金を借りた時のイメージって良くないんですよね。なんでなんでしょうね。。。

ちなみに最近の消費者金融のカードローンは、Web上で簡単に借り入れ申し込みが出来るので、そちらが人にも合わずに簡単にできておすすめです。しかも、早ければ申込みその日に借りる事も出来ますしね。

他のローンと比べても断然審査も早いです。すぐにお金が必要って時にはとても便利だと思いますよ。ただ、イメージ的に人には言いづらい事ですが・・・。

そして、簡単に借入出来てしまうぶん、つい借りすぎてしまう事もあるので、利用する際は計画的に、借りすぎには注意するようにしましょうね。

お金がない。。。

たまに、明らかに生活費が足らない、ってときがあります。

税金の支払いや、車の車検、友人の結婚式など急な出費が重なった時はきついですね(´・ω・`)

ただでさえ給料も少なく、毎月の生活もギリギリですからね。

一度でいいから、お金に困らない…っていうセレブな生活がしてみたいですね。